ガムを噛む咀嚼(そしゃく)運動と、伴う健康効果。

ここ、1ヶ月ほど、ライティング作業が続いており、パソコンのテキストエディタ、InDesign、Illustratorとニラメッコしている状態が続いているのですが、睡眠時間を削るほどの量だったので、かなり疲労が溜まっています。

その事に伴い、睡魔との戦いでもあるのですが、仮眠を摂ることによって、リフレッシュしています。どれ位の仮眠が良いのだろうか? と、色々と試行錯誤した結果、自分には40分の仮眠が合っているというのを導き出せました。現役を引退したiPhone4sにタイマーを『40分』と設定して、仮眠を摂り、目覚めた後に、原稿を再開する……と、いう状態を繰り返しています。ふと「眠りに入って目覚めるタイミング」が良い気がします。誤解を招いているかも知れませんが、夜はある程度睡眠は摂っています。iOSの新機能で『ベッドタイム』というものが追加されましたので、そちらで「そろそろ寝ましょうね〜」的なサインを出してもらっています。こちらにも助けられていますヨ:-)

話が初っ端から、逸れてスミマセン。

私は、持病があり、若い頃に発症した病のせいで、20年程薬を現在も飲んでいます。その薬のせいで、口から発せられる唾液の量が少なくなり、歯科医の話では、唾液が出ないことに伴い、虫歯になりやすい状態あるという話を伺いました。実際、私は虫歯の治療経験が多いです。

そこで、最近、対策としてガムを噛む様にしています。俗に言うキシリトール入りのガムです。普通、口にすれば、おのずと唾液が出てきますよね。歯の再石灰化の期待もできます。
また、この『ガムを噛む』という咀嚼運動は、脳の活性化も行われるそうです。脳内の血流が増えるとか。私は、年中PCを用いて作業していますが、物事を生み出す作業が多いので、脳の活性化に伴い、文章等が生まれてくる事に繋がれば、これ程良い運動はありません。

同じ様に、ウォーキングも良いそうです。有酸素運動にも繋がりますが、『繰り返す運動』というのが、体に良い影響を与えるそうです。
20161028
▲ボトル入りのガム。チョット高価ですが、量に対しての単価は安いのでは? 三種類のフレーバーで飽きが来ません:-)

最近では、スーパーマーケットでも、プライベートブランドとして、粒状のガムを比較的安く袋に入れて売っているところもありますので、ガムのボトルは保管しておいて、無くなったら補充する……と、いうのも良いのかも知れませんね。

一時期、眠気醒ましに、エナジードリンクを飲む事が多くありましたが、頭の回転という意味では、ガムを噛んでいるほうが、筆が進む様な気もします。若い頃に、クラブ遊びをしていた頃、カシスレッドブルを注文して飲んだ時は、確かにテンションが上がった様な感覚を得られましたが、「アガる」というのと「頭が回る」というのは、似ているようで違う様に思えます。

ロッテのウェブページによれば、歯を磨いた後でも、虫歯にならない甘味料を使っているので、キシリトールガムは噛んでもよいそうですよ。(※他社製品は解りません)

最近、頭の回転を良くしたいと思って行動している事は……

・ガムを噛む。
・DHAサプリメントを飲む。
・眠気を醒ますのは、エナジードリンクや栄養ドリンクではなく、無糖アイスコーヒーで。
・可能な限り、時間を見つけてウォーキングをする。
・昼間に軽い睡眠を摂る。

……と、いった感じです。ただ、週末は気分をハイにしたいので、エナジードリンクに手を出してしまいます:-p

会社員の方や、学生の方などは、随時ガムを噛んでいる事が出来ないかと思いますが、通勤・通学の時間を見つけてガムを噛んでみては如何でしょうか。ミント系などのガムは、目を醒ます効果意外にも、口臭対策にもなりますしね。

比較的、コンビニなど、どこでも手に入りやすいのがガムですので、様子を見ながら咀嚼運動にて、何かが少しでも変わるか、試してみては如何でしょうか? 実際、数値的に目に見える形で、現れればイイんですけどね:-)

あ、そうそう、ガムはチャンと紙に包んでゴミ箱に捨てましょう! では、また来週。

※本文は、私の体験談であり、全ての方々に効果があるという訳ではない可能性が御座います。一つの意見として捉えて頂きます様、お願い致します。

★まだPCの方は健在です!! 新しいMac!? あと、時間を見つけて『健康』のカテゴリーのアイキャッチも後ほど造ります〜。→健康カテゴリーのアイコンを2017年2月3日に追加しました。

2016年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする