HHKB用の交換パーツを買ってみた。そこには漢のロマンが……。

こんばんは、前チャック開魔王(仮)です。

最近、何かとWinPCを触っている事が多いのですが、主にPhotoshopの利用頻度が高くなっています。CS3ではあるのですが、私がメインで行う、色の着色作業には、問題無く利用出来ています。特殊な作業を行わずとも、最新のOSXでCS4が動けば、Macで作業したいのですけれど……。CCを買えって事ですかね。

日頃から使う道具には、惜しまず投資する……と、いうスタイルもあるかと思いますが、先日こんなパーツを買いました。HHKB用のキーボード交換パーツです。

▲ESCキーとControlキーです

黒のキーボードに赤のキーが配列されると、往年のThinkpadを連想しますが、これまたお気に入りです。4個のパーツとキーを外すパーツが同梱されているタイプで、キーは、文字の刻印が在るものと無いものの二択。写真では、文字の刻印があるものを装着させていますが、現段階では無刻印のパーツを装着させています。

▲付属のパーツで挟んで抜きます。

また、写真の通り、キーを外すパーツも同梱しているため、キーボードを清掃する際、キーを外して、掃除機などで清潔に保つ事も可能かと思います。

▲装着させたところ(刻印の赤ですが、後で無刻印に変えました)

キーボードも、最近ではゲーム用途の物も非常に多くなっており、クリック感の異なる軸のパターンも色々存在しますね。私は、キーボードを使ったゲームはプレイしないので、現在のところ、HHKBで満足しています。いや、ゲームをやったことが無いので、向き不向きは述べられませんね。失礼しました。

HHKBの隣にあるのは、ゲーミングキーボードですが、主にPhotoshopのショートカットキーを登録しています。これも、先駆者様の真似をさせて頂いています。これに慣れると、もうキーボードだけの操作に戻れませんね。デメリットとしては、他所でオペレーションをする際、ショートカットキーの場所に迷う症状が出てしまうかも知れません。

▲タブレットとゲーミングキーボードのセットで、私の用途としては、殆どのPhotoshopの作業はこなせます。

私は、特に凝り性というワケではありませんが、この手の業界は底なし沼のように思えますね。マウスは300円位のノーブランド品を使ってますが;-)

では、また来週お目にかかります。

2019年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする