チョコレートの匂いを嗅ぐとリラックスする

一週間ぶりのご無沙汰です。

最近、季節の変わり目のせいか、体調を崩しがちですが、如何お過ごしでしょうか。体調の良し悪しは、体力面だけではなく、精神面でも、影響を受ける事も少なく無いでしょう。

皆さん、それぞれリラックスをする方法を持たれていらっしゃるかと思います。ホットコーヒーを飲んだり、ホットココアを飲んだり、ホットミルクを飲んだり……。最近では、コンビニで挽きたてのコーヒーが買えたりと、便利な世の中になってきました。

私の場合は、チョコレートを食べて、リラックス感を得る事が多いです。ただ、モノによっては、糖分も多いので、食べ過ぎには注意しなければなりません。そんな時の対策は、匂いを嗅ぐことです。一粒ずつ封がされている包装されたチョコレートでは、難しいかも知れませんが、密閉したパッケージのチョコレートを、食べずに匂いを嗅ぐだけでも、非常にリラックス・気分転換をする事が、私には出来ます。


▲明治の『おいしいoff 砂糖0』。全部食べる事は避け、吸引用に多少チョコレート残しています。

この写真のチョコレートは、口が封をされていて、チョコレートの匂いは密閉されています。そこで、大きく息を吐いて、パッケージを開けて、鼻からチョコレートの匂いを吸引する事によって、非常に良い香りを体験でき、リラックスをする事が出来ます。
チョコレートは食べるだけでも、ホッとしますが、匂いを嗅ぐだけでも、安心感が得られる不思議な食べ物だな……と、思います。

アロマオイルや、お香などを焚いても、リラックス効果を得られますが、短時間で、気分の切り替えが出来るチョコレートの匂いを嗅ぐのも、私にとっては、かなりの効果があるような気がします。食べる場合は、高ポリフェノールのチョコレートが良いのかも知れませんが、私は匂いを嗅ぐだけで、間に合ってしまいます。それに高ポリフェノールチョコレートは結構高価ですからねぇ……;-)


▲チャンダン(私のお気に入りなお香)は、箱単位で買ったのですが「臭い」と家族から焚くのを禁じられ、押入れの肥やしに……;-(

最近では、甘さを抑えたチョコレートが多く売られていますので、袋入りの物を買って半分食べて、あとは香りを楽しむために残す……というのをオススメしたい食べ方です。少量残して、定期的に匂いを嗅いでリラックス効果を生み出すスタイルというのも、良いのではないでしょうか。古来から『匂い袋』という伝統的な物がありますが、現代版匂い袋みたいな役割をチョコレートが賄ってくれるような気もします。

私は、キットカットや、たけのこの里が大好きなのですが、スナック感覚でバクバク食べてしまうので、気をつけなければ……と、いう感じです。純粋にチョコレートだけの物もありますが、クッキーやウェハースを織り込んでいる菓子は、食べだすと止まりませんからね;-)

匂いというのは、不思議なもので、心にも影響を与えるものですから、自分なりの好みを調整して、リラックス効果を求めるのが良いのかも知れませんね。

では、また来週お目にかかりましょう。

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする