【ルーズリーフペーパー活用術】身体と心の日記

一週間ぶりのご無沙汰です。前チャック開魔王(仮)です。

既報の通り、私は最近A5サイズの無印良品製ルーズリーフバインダーを手帳変わりに使っていますが、一日が終わり、就寝する前に、身体と心の日記を書いていました。

過去ログもどうぞ
【A5ルーズリーフ強化作戦】
http://space-noise.jp/2018/05/25/post-1968/

↑の書類にはボカシを入れていますが、ここには、一日の身体の調子や、精神的な疲労などを記載していました。

これでは、少し飾りがなく、この日記も1年程過ぎたので、テコ入れを行いました。基本的な情報としては、簡単な一日の動きと、その日の良かった点、辛かった点、不安な点、そしてポジティブ思考という大きくカテゴリ分けをしています。メンタル的に負の方向へ進んでいる場合には、その日の良かった探しをして、3つ程記載する形で、記載。辛かった点、不安な点は特に、無理やり記載するというスタイルではありません。

▲私の最新版・身体と心の日記

ポジティブ思考の欄にスペースがあるのは、他のカテゴリから矢印を引っ張ってきて、その問題に対して、「考えすぎだ」「未来の不安より今を大切に」など、前向きなレスポンスを自分自身に投げかけるようなスタイルで処理をします。

また、起床時のコンディション、睡眠時間を朝に記載して、寝る前に各種疲労感に関する情報、そして風呂上がりの体重を測って記載。
左手には、その日の大まかなスケジュールを記載する形です。このスケジュールは、朝に記載する未来のスケジュールではなく、その日が終わる際に記載して、一日を振り返る形です。何時間寝て、どれくらい仕事をして、帰宅して何をしたか……などという情報を記載。
そうすると、「睡眠時間を7時間採り、朝の5時に起床して朝活を実行」など改めて発見できる一日のコンディション、また、その日の体調不良の条件が、気候なのか、多忙なせいなのか、睡眠不足なのか、早寝早起きが原因なのか……と、いう所をある程度推測できてくる事もあるように思えます。

▲印刷するとこんな感じ。ダイソーの用紙は裏写りしてしまいますね;-(
※24時と0時がある……、再度印刷せねば。

私は、もちろん医者でもなく、心理カウンセラーでも無いので、専門的な事は全く解りませんが、こうやって毎日の状況を書き加えていく事で、毎日が快適に過ごせる条件が見つかるのではないか? と、思いながら、このようなミニ日記を記載しています。

※毎度のご連絡ですが、ルーズリーフペーパーをプリンターで印刷する際には、機種により対応していないケースが多くありますので、自己責任で印刷をお願いします。

5時起床で朝活するようになってから、すこぶる調子の良い、前チャック開魔王(仮)でした。また、来週お目にかかります。

2019年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする