百均大好き㉔B5サイズの金銭出納帳(ルーズリーフ)を買ってみた

私は、学生の頃、簿記の勉強もしていたので、出納帳など、伝票やらなんやらは抵抗感が無いのですが、最近思い返してみると、出納帳とは離れた生活をしていました。

【過去ログ】
手書きのログ残し。日記帳と金銭出納帳を付けるススメ。
http://space-noise.jp/2016/08/19/post-694/

一昨年辺りまで、弥生の無料プランを利用していたのですが、用途に寄り蹴りで、単に記録帳みたいな形で使っていました。

普段のお小遣い帳は、表計算ソフトでカウントしており、なぜ買ったんだよ……という感じではありますが、最近のマイブームであるルーズリーフ集めの一環なのではないかと思います。:-)
PCで帳簿をつけた方が、計算ミスは少ないでしょうし、関数を利用すれば、様々な計算式を設定するのも楽です。ただ、私は、フリーランスや経営者ではないので、普段の生活では、直接金銭出納帳を付ける生活ではありません。

▲コレクター魂よろしく買ってみました。108円30枚入り。

ノートPCの普及で、外出先でも簡単にデータの閲覧が出来るようになりましたし、紙の出納帳は必要ないのでは? と、思う点もありますが、やはり直感で扱える(と、私は思います)紙媒体も魅力な点かと思います。

▲B5サイズのルーズリーフバインダーに挿入してみました。

ただ、普段、私が持ち歩いているのはA5サイズのルーズリーフバインダーなので、なんとかして、A5サイズのものを……と、探してみたところ、100枚で500円前後で売っているようです。既存の物を利用するのも良いですが、なんとか自作が出来ないものだろうか、と、思いましたので、既存のペーパーを模す形で、A5サイズの金銭出納帳を作ってみようかと思います。

テンションに応じて、後ほど制作レポートを掲載したいと思います。

使い始めて、はや数ヶ月のA5バインダーがボロくなってきた、前チャック開魔王(仮)でした。

2019年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする