百均大好き⑨ ベトナム産DVD-RWを買ってみた

一週間のご無沙汰です。

最近、自宅のプリンタの調子が悪く、正しく色が表現されないので、大昔に買ったCD-Rにデータを書き込み、近くのセブンイレブンの複合機で印刷していたのですが、都度CD-Rを利用するのは勿体無いと思い、DVD-RWを百均店シルクで購入してきました。


▲秋葉原などのショップでは見かけないメディアですね。

『RW』と記載されているメディアに関しましては、基本、書き込み・消去を繰り返す事ができ、1枚のメディアで、何度も利用する事が出来る……と、いう解釈で良いかと思います。ご興味を持たれた方は、検索してみてください。


▲ビニルの封を開けると、スリーブの中にメディアが挿入されていました。

今回購入したメディアは、プリンタブルのメディアでした。対応したプリンタを使えば、盤面に自分でデザインしたデータ等を印刷する事が可能です。

私は、昔、CD-RやDVD-Rのメディアを使いもしないのに、大量購入していました。スピンドルと呼ばれる筒のような形で100枚入りのCD-Rを購入したりしていました。所謂、コレクションですね。当時は、自ら作ったデータを、頒布したりする目的だったのですが、結局、時代が流れ、次々と新しい記録メディアが現れたので、押入れの肥やしとなっています;-(

私が今まで触れた記録メディアとしては、フロッピーディスク(FD)、MO(MagnetoOpticaldisk)、CD-R、DVD-R、BD-Rと接触してきました。ZIPとJAZには、以前勤めていた会社で少し触れた程度で、殆ど関わりはありませんでしたね。

ちょっくら話がそれましたが、大量にメディアを必要とせず、複数回書き込みが出来るメディアが百均で購入できるのは、ありがたいですですね。

セブンイレブンは、円盤メディアに関しましては、CD、DVDが対応しており、現在のところ、BD-R(Blu-ray)には対応していないので、ご注意下さい。まぁ、そんなに大容量のデータをセブンイレブンで印刷する機会はないとは思いますが……。また、セブンイレブンの複合機は、ドライブの全面を見る限り、基本リードオンリーのディスクドライブとなっているようです。

私は、印刷が終わった後、印刷の出力先、メディア、お釣り、領収書を指先確認をして、忘れ物が無いように何度も確認しています。自分だけの被害なら兎も角、クライアントさんのデータを扱う場合には、気をつけたいポイントかと思います。

出力されるデータは、自宅のインクジェットプリンタと比べると、印刷クオリティは雲泥の差ですね。自宅に1台欲しいなぁ……置く場所無いけど;-)

と、いうワケで、Macを使ってデータを、このDVD-RWにライティングしてみました。


▲メディアを挿入すると、DVD-RWと認識されます。

「仕上げ中」という状態がかなり長かったのですが、これは2倍速のメディアの影響でしょうか?

▲この状態が2〜3分続きました。

▲消去も問題なくできました。

私が使っているMacのDVDドライブ、異音を発してて、調子悪いんだよなぁ;-(
「仕上げ中」の状態が、かなり長期間になるのも、その影響である可能性もありますので、参考程度にご参照下さい。

※セブンイレブンのマルチコピー機(複合機)で無事認識しました。

エコロジーな面から見て、再利用可能なメディアを有効に使うのも良いのかも知れませんね。私も、スピンドル単位のメディアを、何とかして有効利用せねば;-(

では、また来週お目に掛かりましょう。

2017年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする