百均大好き⑮今度はA5のルーズリーフを導入してみた

一週間ぶりのご無沙汰です。

私は文房具を収集するのが好きなのですが、最近は、自分の中でルーズリーフが流行して(マイブームっていうんですかね)おりまして、B5サイズは外出用、自宅ではA5のルーズリーフを利用して、日記などに利用しています。


▲ダイソーに売っていたA5ルーズリーフ三種

三種の用紙を購入し、各々の利用方法で活用しています。罫線が引かれている用紙は長文を、方眼紙はアイディアスケッチ、無地用紙はプリンターを用いてオリジナルの用紙を作成して利用しています。


▲バインダー(コクヨ製。百均製品ではありません)は、かなりの枚数が挿入できます。

家庭向け普及型プリンタは、A4用紙を中心とした印刷機能を持ち合わせている製品が多いですが、そのA4用紙の半分サイズであるA5の用紙は、比較的応用可能な部分もあります。それを利用して、無地の用紙にプリントアウトする事により、オリジナルの記入用紙を設ける事も可能です。私は日記を兼ねた体調管理表を作ってみました。Illustratorを利用すれば比較的簡単にデータが出来ます。


▲日記のように一日を振り返られる様、ペンで書き加える用紙を作成

この印刷した用紙に、一日を振り返って今日なにが起きたかを記入してバインダーに保管しています。チョイとプライベートな情報がありますので、写真には加工を入れていますが、各々必要事項を記載しプリントアウトしておいて、後は量産し、ペン書きすれば、立派な日記帳になりますね。

ルーズリーフバインダーは、A5サイズのもが珍しくダイソーにあったので買ってみたのですが、現在利用しているのはAmazonで購入したコクヨ製の物です。かなり強度があり、バインダーに用紙を挿入したままで、ペンで書き加えても、表紙・背表紙が硬いため、用紙が折り曲がる事がありません。バインダーは600円前後で販売されていますが、流石、文房具を中心に作っているメーカーですね。違いを感じます。Amazonでは『コクヨ バインダーノート カラーパレット A5 20穴 最大100枚 青 ル-105-3Z』という製品名で販売されています。カラーバリエーションは多々ありますので、好みの色をチョイス出来ます。

このように、オリジナルの用紙を作るのも良し、既存の用紙を活用するのも良しかと思いますので、必要に応じてフォーマットを設けていけば、使い方は広がりますね。

文房具も、使ってナンボですし、活用して行きたいと思います:-)

【関連過去ログ】
百均大好き⑭ルーズリーフ買い漁り
http://space-noise.jp/2018/04/27/post-1902/

百均大好き⑥ ノートやルーズリーフ用紙の良し悪し
http://space-noise.jp/2017/07/28/post-1394/

では、また来週お目にかかりましょう。

2018年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする